ソン・ユナ ニュース : [日刊]韓流ニュースステーション

ソン・ユナ のニュースを、韓国で配信されるニュースを中心に集めました。

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ ニュースが見つからない場合は、右上の検索フォームに、キーワードを入れて検索してください。

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。

2006年03月15日

ソン・ユナ、パワフルな女刑事でスクリーンカムバック

端麗な女性美の代名詞にもなっているトップスター、ソン・ユナがパワーあふれる女刑事としてスクリーンにカムバックする。ソン・ユナは先日、スリラー映画『私を忘れないで』(仮題、アン・サンフン監督)に出演が決まった。ある女性の悽絶な復讐を描く今回の作品で、ソン・ユナは連続殺人に隠された真実を暴く女刑事ソヨグ役を演じる・・・

2006年03月13日

ソン・ユナ、じん帯損傷で全治3週

ソン・ユナが、運動の途中に足首をひねってじん帯を痛め、全治3週のけがを負った。10日、ソン・ユナに近い関係者によると、ソン・ユナは先週初め、家の近所のジムでランニングマシーンに乗っていたところ、右足首をひねった。 同関係者は「当時、ケガを大したことないと思っていたソン・ユナは特に手当もしないでいたが、痛みがひどくなり、7日に診察を受けた。足首を支える3本のじん帯のうち2本が損傷していることが分かり、全治3週との診断を受けた」と説明した・・・

2006年02月09日

【フォト】ソン・ユナ、スクリーンクオーター死守集会に参加

映画俳優ソン・ユナが8日午後2時、ソウル光化門の東和免税店前で映画俳優、監督、制作会社、大学生など3000人余が参加する中で行われた「文化侵略阻止およびスクリーンクオーター死守のための映画人大会」に参加、深刻な表情で壇上を見つめている・・・

2006年01月05日

ソン・ユナ「一番安上がりな撮影でした」

「最小コストで最大の効果」だ。 トップスター、ソン・ユナが一番「安く」撮った映画で拍手喝采を受けた。 2日、マスコミ向け試写会で初めて映画『愛を逃す』(監督チュ・チャンミン、制作シネマサービス)でヒロイン、ヨンスとして登場したソン・ユナは、別人のようだった。キャリアウーマンの洗練されたイメージで愛されてきた彼女だったが、この作品ではノーメークでカメラの前に立った。普通ノーメーク撮影といってもアイシャドウや口紅を使わずにファンデーションくらいは塗った状態を言うが、ソン・ユナは100%ノーメークで乳液だけ塗った状態で撮影した・・・

【現場フォト】ソン・ユナの表情“七変化”

ソン・ユナの表情が尋常でない。カメラの前に立ったら慎ましい笑顔を見せる他の芸能人とソン・ユナは違った。コロコロ変わるソン・ユナの顔を一度ご覧あれ。 2日、ソウル劇場では映画『愛を逃す』の試写会と記者会見が行われた。ソン・スナは同映画でヒロインヨンス役を演じ、ソル・ギョングと共演した。澄ました顔をしてにっこり微笑んでいる。ここまでは至って平凡なのだが・・・

2005年12月04日

【大韓民国映画大賞】3年連続で司会を務めるソン・ユナ

4日午後ソウル光化門世宗(セジョン)文化会館大劇場で開かれた第 4回大韓民国映画大賞授賞式に参加したソン・ユナが写真撮影に応じている。この日安聖基(アン・ソンギ)と一緒に 3年連続で大韓民国映画大賞授賞式の司会を務めるソン・ユナは、華麗なドレスを身にまとい注目を集めた。

2005年12月02日

【フォト】「うわ~、ソン・ユナだ!」

2日、慶尚(キョンサン)北道・浦項(ポハン)市・北区・プンリムアイウォンのモデルハウスで、女優のソン・ユナが顧客ファンサイン会を開催、噂を聞きつけた市民が殺到、大賑わいとなった

2005年12月01日

安聖基&ソン・ユナ、3年連続「大韓民国映画大賞」司会に決定

俳優の安聖基(アン・ソンギ)とソン・ユナが、4日に開かれる第4回大韓民国映画大賞授賞式でW司会を務める。 第4回大韓民国映画大賞事務局は1日、「俳優のアン・ソンギとソン・ユナが授賞式の司会を務める」と伝えた。2003年末に開催された第2回大韓民国映画大賞授賞式で司会を務めたのがきっかけで、昨年に続き今年も司会者に選ばれた2人は、3年連続で特別な“縁”を結ぶことになった・・・

2005年11月27日

ソル・ギョング-ソン・ユナの '愛を逃す', 1月公開確定

ソル・ギョングとソン・ユナが二度目のカップル役を演じた映画 '愛を逃す'が 2006年 1月 19日公開を確定した.'光復節特使'に引き続きソル・ギョングとソン・ユナカップルがもう一度主演を引き受けた点と チァンミン監督の次期作という点で期待を集めた '愛を逃す'と言うリアルな愛の姿をプレゼントする.また '愛を逃す'は、第4回 2005年大韓民国映画大賞で '2006年注目する映画'に選定されている.

2005年11月13日

ソン・ユナ、おおらかな演技魂が話題

映画『愛を失う』でざっくばらんで好きな人の前では思うように告白もできない女性“ヨンス” 役を担い飾り気の無い演技を披露してくれているヨン・ユナのおおらかな演技魂が話題になっている。 最近、 全北全州のインフ洞の四つ角で行われた撮影でソン・ユナは、 高速で走ってくるジープの前で体を省みない演技を繰広げ周囲をとってもビックリさせた。 この日の撮影は・・・

2005年11月11日

ソン・ユナ, スタッフにスニーカーをプレゼント

ソン・ユナが映画撮影スタッフにスニーカーを贈った.映画 '愛を逃す'の撮影中のソン・ユナが、撮影の間に 80人余りのスタッフに有名スポーツブランドのスニーカーをプレゼントしたことが伝えられた. 映画の背景が全州隣近の山里なので常に靴が傷むのを見たソン・ ユナは、ポケットマネーで 50万円以上をはたいてスタッフにスニーカーをプレゼントした. 足にぴったりなスニーカーを選ぶためにサイズを聞いて回る手間も惜しまなかったそうだ.

2005年10月25日

ソン・ユナ, 軍隊行った(?) ソル・ギョングと面会してクランクアップ!

映画 ‘愛を逃す’が軍入隊したソル・ギョングをソン・ユナが面会した後、別れる場面ですべての撮影を終えた. ソル・ ギョングとソン・ユナが 2002年 ‘光復節特使’ 以来 3年ぶりに共演したこの映画は7月から撮影を始め、 大学同窓である二人の男女が・・・

2005年10月20日

ソル・ギョング-ソン・ユナ, 全州養殖場での映画撮影風景

映画 '愛を逃す'の撮影中、全州の養殖場でいきいきとした思い出が出来た.映画の主な舞台である養殖場は主人公 'ヨンス'(ソンユナ)の故郷の家で 'ウゼ'(ソル・ギョング)とヨンスとの愛を積もらせる空間になる.

  『ホテリアー』ソン・ユナ初の日本ファンミーティングに2000人

ソン・ユナ,日初公式ファンミーティングで涙

ファンミーティングに先立ってソン・ユナは 150を超える日本及び中国, 台湾, 香港などのマスコミと公式記者会見を行うなどアジアのマスコミから熱い注目を集めた.