クォン・サンウ ニュース : [日刊]韓流ニュースステーション

クォン・サンウ のニュースを、韓国で配信されるニュースを中心に集めました。

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ ニュースが見つからない場合は、右上の検索フォームに、キーワードを入れて検索してください。

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。

2006年03月28日

【レビュー】クォン・サンウとキム・ハヌル主演の映画『青春漫画』

“青春”と“漫画”、どことなく手触りの似た言葉だ。2つの言葉とも飾らぬ親しみがあり、ちょっと子どもっぽい感じもするが、その辺ちょっと目をつぶって調子を合わせてやりたい気持ちにもなる。青春は大人ぶる必要がなく、漫画は少々強引でも許されるからだろうか。『青春漫画』は、時計の針を20代前半に戻し、“青春”と“漫画”の子ども心で受け入れる準備さえ出来ていれば、十分楽しい時間を過ごさせてくれる映画だ・・・

クォン・サンウ&キム・ハヌル『青春映画』、週末のボックスオフィス1位

クォン・サンウ、キム・ハヌル主演の映画『青春漫画』が圧倒的なリードで週末のボックスオフィスのトップを獲得した。27日に映画振興委員会映画館入場券統合電算網(190映画館、1315スクリーン、加入率84%)によると、『青春漫画』は24日から26日までの3日間、42万7984人を集客し、ボックスオフィス1位を獲得した。10年来の幼なじみジファンとタルレのほのぼのとした恋物語を描いた『青春漫画』の占有率はナント40%。『青春漫画』がロマンチックコメディーであるうえ、12歳以下観覧不可で全年齢層の観客を集めたためと解される・・・

2006年03月15日

キム・ハヌル「クォン・サンウに恋のムード感じた」

女優キム・ハヌルが『同じ年の家庭教師』以降、3年ぶりに出演する作品で再共演するクォン・サンウに対し称賛を惜しまなかった。キム・ハヌルは14日午後、ソウル三成洞メガボックスで行われた『青春漫画』(監督:イ・ハン、制作:ポップコーンフィルム)記者懇談会で「『同じ年の家庭教師』ではクォン・サンウさんがラブストーリーではどんな演技をするか想像もできなかったけれど、今回の作品ではその目の色から恋のムードが強く伝わってきた」と話した・・・

【フォト】クォン・サンウ「ボクのズボン、イケてる?」

俳優のクォン・サンウが14日、ソウル三成洞のメガボックス(MEGABOX)で行われた『青春漫画』の記者懇談会に、ジーンズの上にジャージーのズボンをはいて登場し、注目を浴びた・・・

クォン・サンウ「小学校の時はケンカが強いガキ大将だった」

トップスター、クォン・サンウが、小学校時代はケンカが強いガキ大将だったという事実が紹介された。クォン・サンウは14日午後、ソウル三成洞メガボックス(MEGABOX)で行われた『青春漫画』の記者会見で、「小学校の時、毎日ケンカばかりしてみんなに怖がられるガキ大将だった」と話した。クォン・サンウは「映画の中の主人公のように、子どものころはジャッキー・チェンが好きで、しょっちゅう逆立ちをしていた」と付け加えた・・・

2006年03月09日

クォン・サンウ「率直すぎて損することもあります」

「『王の男』の話はやめて・・・死ぬほど羨ましいから」ヌンチャクを振り回して奇声をあげブルース・リーに憧れていたクォン・サンウが帰って来た。今度はジャッキー・チェンだ。ジャッキー・チェンのトレードマーク、マッシュルームヘアで13年間つきあった女友達を「彼女」として受け入れようとする。クォン・サンウは今月23日封切の映画『青春漫画』(イ・ハン監督、ポップコーンフィルム製作)でジャッキー・チェンのようなアクションスターを夢見るスタンドマン志望の役を演じる。『同じ年の家庭教師』で共演したキム・ハヌルと再び純愛映画に出演するのだ・・・

2006年03月06日

イ・ヒョリ「エリックは紳士的、クォン・サンウはイケメン」

歌手のイ・ヒョリが、某移動通信社のCMで共演したエリックとクォン・サンウを「紳士的」「ハンサム」と称賛し、注目を集めた。 イ・ヒョリは3日午後、ソウル汝矣島のMBC放送センターで収録された『スタースペシャル 思い出』で「エリックは紳士的、クォン・サンウはイケメン」と2人に対するイメージを打ち明けた・・・

2006年03月01日

『青春漫画』本ポスター公開

クォン・サンウ&キム・ハヌルの『青春漫画』の本ポスターが公開された。今回公開された本ポスターは映画の中のジファン&タルレの13年の友情に微妙な変化が訪れることを伝えている。前回公開したティザーポスターが・・・

クォン・サンウ、母とオーストラリアに孝行旅行

トップスター、クォン・サンウが母と兄、兄嫁と一緒にオーストラリアに家族旅行に行ってきたことが事実が後日分かった。 クォン・サンウに近い関係者は1日、「クォン・サンウが24日、母と兄、兄嫁と一緒に4泊5日の予定でオーストラリア旅行に行ってきた」と話した・・・

2006年02月22日

映画『青春漫画』漫画チックなホームページオープン!

2006年の春を笑いの渦に巻き込む最強カップル、クォン・サンウ&キム・ハヌルの『青春漫画』が22日、ホームページ(www.awoongdawoong.co.kr)をオープンする。7つの色で彩られた華やかな春の雰囲気いっぱいの『青春漫画』のホームページは、見る楽しみだけでなく、訪問者が直接参加できるコーナーが盛りだくさんで、ホームページを訪れる楽しみを一層盛り上げている・・・

2006年02月20日

クォン・サンウとコ・ソヨン、化粧品CMで共演

トップスター、クォン・サンウとコ・ソヨンが仲良しカップルになり、ニュージーランドでCMを撮影した。2人は3月1日からオンエアされる化粧品ブランド、ザ・フェースショップの春のCM「ホワイトツリー スポットコレクター」編に出演。2人は今月初めに4泊5日の日程でニュージーランド・クィーンズタウン・ワカティプ湖近隣でCM撮影を行った・・・

2006年02月09日

クォン・サンウ&キム・ハヌル、互いのコミカル演技褒めちぎる

映画『青春漫画』のクォン・サンウ&キム・ハヌルカップルが口を揃えて相手のコミカル演技を絶賛した。クォン・サンウとキム・ハヌルは7日午後6時、ソウル新沙洞「クラブガーデン」で行われた映画『青春漫画』制作報告会に揃って出席した。2003年に『同じ年の家庭教師』で学生と家庭教師として共演したクォン・サンウとキム・ハヌルは、『青春漫画』で幼なじみのジファンとタルレ役で再び恋人役を演じた・・・

【フォト】クォン・サンウ&キム・ハヌル、制作発表会でオルガン演奏

クォン・サンウとキム・ハヌルが7日午後6時、ソウル新沙洞のクラブガーデンで行われた映画『青春漫画』制作報告会で、「チョップスティック」をオルガンで演奏している・・・

【フォト】ポーズもいろいろ、“親切なサンウさん”

7日午後6時、ソウル新沙洞のクラブガーデンで行われた映画『青春漫画』制作報告会で写真撮影に応じるクォン・サンウ。

2006年01月27日

日本メディア「クォン・サンウ、体調不良で記者会見遅刻」

日本で大人気の俳優クォン・サンウが26日、日本で行われた映画『美しき野獣』の記者会見に遅刻し、日本メディアの関心が集中した。日本の有力スポーツ紙サンケイスポーツと日刊スポーツ電子版は27日、「クォン・サンウが体調不良で記者会見に大遅刻した」とそれぞれ報じた。サンケイスポーツは「26日、東京・六本木のグランドハイアット東京で行われた主演映画『美しき野獣』の来日記者会見に大幅遅刻した」とし「終了約10分前、慌てた様子でサンウが登場・・・

2006年01月26日

クォン・サンウの写真集『SANGWOO The Essay』31日から予約販売

韓流スタークォン・サンウの写真集『SANGWOO The Essay』が2月22日の正式販売に先立ち、31日から予約販売を受け付ける。 クォン・サンウ側は25日、クォン・サンウのプライベートのエピソードとクォン・サンウならではの感性豊かな姿が収められたフォトエッセー『SANGWOO The Essay』の一部写真を同日、写真集公式プロモーションサイトwww.sangwoo.co.jpで公開すると発表した・・・

ビビアン・スー「クォン・サンウと共演したい」

ビビアン・スーが豊満なボディーを披露した。全盛期と変わらぬ美貌は、とても30代になったとは思えない。アジアを代表するセクシースターとして90年代を風靡した台湾人女優ビビアン・スー。 30歳になりすっかり大人の女性になったビビアンは「クォン・サンウと一緒に韓国映画に出演したい」と豊富を語った・・・

2006年01月19日

【フォト】クォン・サンウ&奥田恵梨「韓服で新年の挨拶」

THE FACE SHOPのモデルのクォン・サンウと奥田恵梨が一緒に韓服を着てポスター撮影をしている。

『美しき野獣』、街のポスターが盗まれる

クォン・サンウ、ユ・ジテ主演の『美しき野獣』の路上ポスターが盗まれるという事件が起こった。 13日からソウル、釜山、大邱など主要都市の繁華街の路上に貼られたこのポスターは、『美しき野獣』の映画スチール用に製作された。クォン・サンウ、ユ・ジテが銃を握った緊迫感溢れるデザインのこのポスターには、それぞれ「爆発する野獣、クォン・サンウ」「執念の野獣、ユ・ジテ」というキャラクター説明と共に、「世の中に向けて奴らが撃つ」という一行コピーで強い印象を残している・・・

2006年01月13日

【クォン・サンウに聞く】「大人の俳優として認められたい」

「僕ですか?絶対に舌足らずじゃありません。絶対に違います。後から録音した時も問題ありませんでした」 クォン・サンウは悔しそうな表情をしていた。「よく出来ているけど台詞の処理がちょっと…」と言いながら主演映画『美しき野獣』(原題『野獣』)の試写会を見終わった後、悔しさを隠すことができなかった。それだけクォン・サンウにとって今回の映画は重要な意味を持つようだ・・・