ウォンビン ニュース : [日刊]韓流ニュースステーション

ウォンビン のニュースを、韓国で配信されるニュースを中心に集めました。

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ ニュースが見つからない場合は、右上の検索フォームに、キーワードを入れて検索してください。

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。

2006年03月13日

ウォンビン、休暇終え14日に軍復帰

二等兵ウォンビンが静かな休暇を終え、14日に軍に復帰する。 当初、ウォンビンは4泊5日の日程で休暇を受けたと伝えられた。7日極秘に100日休暇が出て、予定通りならば11日に部隊に復帰するはずだった。しかし、GOP(最前方警戒所)勤務の兵士たちに与えられる特別休暇2泊3日を加え、休暇期間は7泊8日だったことが分かった・・・

2006年03月09日

ウォン・ビンが雲隠れ 取材陣避け家族と休暇

入隊後、江原道休戦ラインの最前線で勤務しているトップスター、ウォン・ビン(本名:キム・ドジン)が7日、休暇を取って部隊を出たものの、テレビなどの取材陣やファンを避け、身を隠している。ウォン・ビンは7日午前、所属部隊長に休暇を申請し、4泊5日の休みをもらった。ウォン・ビンは当初8日の予定で休暇を申請したが、国内外の追っかけを含めテレビや芸能雑誌などメディアの行き過ぎた取材合戦を懸念し、スケジュールを1日繰り上げたという・・・

2006年03月08日

ウォンビン、極秘“100日休暇”

二等兵ウォンビンが7日、「100日休暇」を受けた。 当初8日ごろ休暇が出る予定だったウォンビンは、取材陣が殺到することを憂慮し、日程を1日繰り上げた。ウォンビンはこの日午前、ソウルに戻って実姉の家にとどまり、久々に家族との時間を過ごした。また、インタビューの要請が殺到したが、公式日程は組まず“静かな休暇”に入った・・・

2006年03月07日

ウォンビン「100日休暇」、国内外で熱い取材合戦

「二等兵ウォンビンを捕まえろ!」兵役中のウォンビンに対する取材合戦が、ウォンビンの「100日休暇」を迎え、ますます過熱している。昨年11月29日に入隊したウォンビンは、8日ごろに入隊100日を迎え、4泊5日の初めての休暇が出る予定。ウォンビンの休暇のニュースが伝わり、国内はもちろん海を越えた日本でも取材合戦が本格化している・・・

2006年02月13日

ウォンビン、映画契約破棄の損害賠償訴訟で勝訴

軍隊に入隊したウォンビンが映画会社が提起した13億5000万ウォンの損害賠償請求訴訟で勝訴した。ソウル高等裁判所民事6部(尹載允部長判事)は13日、映画制作会社フィルム・ムイが「映画出演の契約を一方的に破棄した」とし、ウォンビンと所属事務所を相手取って起こした損害賠償請求訴訟で「元所属事務所とフィルム・ムイ間の出演契約は認められるものの、当時の契約はウォンビンの同意なしで行われたものとみなされ、ウォンビンに対する損害賠償請求は理由がない」という判決を下した・・・

2006年01月13日

ウォンビン、12日から最前線で警戒勤務

今月6日、江原道華川陸軍七星部隊隷下サンスン連隊に配属され、最前線で鉄条網の警戒勤務にあたるかに関心が集まったウォンビン(29)が、鉄条網警戒勤務(GOP)大隊に配属され、12日から勤務に就いている。 陸軍関係者は12日・・・

2006年01月10日

ウォンビンの最前線部隊配置、日本のメディアが大々的に報道

「ウォンビンはやっぱり韓流スター!」昨年11月、軍に入隊した俳優ウォンビンが最前線部隊に配置された事実が、日本で大々的に報じられた。8日、サンケイスポーツ、日刊スポーツ、スポーツ報知などのメディアは、ウォンビンが6日に江原華川の陸軍七星部隊配下の最前線鉄条網の警戒を担当する部隊に配置されたと一斉に報道した・・・

2006年01月06日

6日に訓練隊を退所したウォンビン、最前線で任務に就く

ウォンビンが前方哨戒所を守る国防の義務を任ぜられた。5日、七星部隊側によると、6日江原道華川7師団の七星部隊にある新兵教育隊を退所するウォンビンが、七星部隊のサンスン連隊に配置された。ウォンビンは今後2年間、GOP(前方哨戒所)を担当するサンスン連隊で国防の義務を忠実に遂行する計画だ・・・

2005年12月08日

ウォン・ビン、同期軍人にサインのプレゼント

先月29日入隊し、江原道(カンウォンド)華川(ファチョン)7師団チルソン部隊で、新兵教育を受けているウォン・ビン。トップスターであっただけに、部隊の中でも多くの関心を集めている・・・

2005年12月05日

【フォト】訓練所で撮ったウォンビンの写真公開

先月29日に現役入隊したトップスターのウォンビンが、訓練所で軍服を着て同僚らといっしょに撮影した団体写真が公開された。5日、陸軍訓練所ホームページで公開された写真では、ウォンビンは短く切った頭に軍服を着て、健康そうな姿で同僚らと肩を組んでいる。11月29日に江原(カンウォン)道春川(チュンチョン)102補充隊に入隊したウォンビンは、現在第7師団新兵教育隊で5週間の軍事訓練を受けている

2005年12月04日

ウォン・ビンが軍生活するチルソン部隊とは?

11月29日午後、江原道春川102補充隊に入所して2年間の軍生活を始めたウォン・ビンが、これから生活する部隊がチルソン部隊であることが明らかになりながら、この部隊に対する関心が高まっている。大韓民国中東部戦線の最前方を防御する部隊のチルソン部隊は、大韓民国で最も険しく寒さの厳しい高地にあり・・・

2005年12月02日

ウォンビン、チルソン部隊で5週間の軍事訓練へ

現役入隊したウォンビンが江原(カンウォン)道・華川(ファチョン)7師団のチルソン部隊で5週間に渡る軍事訓練を受ける。 先月29日、江原道・春川(チュンチョン)102補充隊に入隊したウォンビンは3泊4日間の待機時間を経て、2日、7師団新兵教育隊に配置された。 ウォンビンは7師団の新兵教育隊で5週間の軍事訓練を受けた後、今後2年間服務する部隊に配置される。訓練所で4週間の訓練を受けた後、配置部隊が決定される予定だが・・・

2005年11月29日

ウォン・ビン, '芸能兵ではない一般兵希望'

29日江原道春川 102 補充隊に入隊するウォン・ビンが国防省広報の芸能兵よりは一般兵を願っていることが分かった. ウォン・ビンの側近は 29日午前 "ウォン・ビンは国防省広報の芸能兵よりは一般兵で軍服務をもっと望んでいる"と明らかにした.この側近は "国防の義務を果たすために軍入隊をするウォン・ビンは現在大韓民国の男なら当然通らなければならない過程を当たり前に受け入れている"と "軍隊に入隊, 他の軍人たちとともに生活してまったく同じな軍生活をしたがっている"と言った.

ウォンビン入隊、家族との別れに涙

29日、江原(カンウォン)道・春川(チュンチョン)102補充隊から入所したウォンビンが家族を抱き涙を流した。 この日午後12時40分頃、部隊前に到着、取材攻勢を受けたウォンビンは、親友のカン・トンウォン、チョン・ジュン、キム・ヒョンジョンに見送られ、最後の時を過ごした。この日、ウォンビンの入所にはウォンビンの姉らも同行、共に名残を惜しんでいたが、部隊の前まで見送りに着ていた父は最後まで息子と対面することができなかった。 入所に同行した関係者は「いつものように毅然として姿で入所した」とウォンビンの入隊前の最後の様子を伝えた。しかし平然としていたウォンビンが、最後に姉と抱き合うとついに涙を流したともう1人の関係者は伝えた・・・

カン・ドンウォン、ウォンビンの入隊見送る

入隊直前のウォンビン、カン・ドンウォンらと会食

29日、江原(カンウォン)道・春川(チュンチョン)102補充隊に入隊するトップスターのウォンビンが、俳優のカン・ドンウォン、キム・ヒョンジョン、チョン・ジュンと友情を育んだ。 ウォンビンはこの日の入所式に先立つ午前10時ごろ、102補充隊近隣の江原道・春川に到着し、近隣のダッカルビ店でカン・ドンウォン、キム・ヒョンジョン、チョン・ジュンらと会食し、軍入隊直前に楽しいひとときを過ごした。

【フォト】日本人ファン「ウォンビン!ずっと待っています」

【フォト】「ウォンビンを見送りに香港から来ました」

ウォンビンが江原(カンウォン)道・春川(チュンチョン)102補充隊から入所した。この日午後12時40分頃、補充隊の前に到着したウォンビンは、かぶっていたニットの帽子を脱ぎ、短く切った髪を見せ明るい表情で部隊に向かった。この日現場には、日本や香港などから集まったファン200人余がウォンビンの入所を見送った。

【フォト】入隊するウォンビンに取材戦争

トップスターのウォン・ビンが29日、江原(カンウォン)道・春川(チュンチョン)102補充隊から入所した。この日午後12時40分頃、補充隊に到着したウォン・ビンは、取材陣に向けニットの帽子を脱いで短く切った髪を見せた後、明るい表情で部隊に向かった。この日は韓国をはじめ、日本、台湾、香港などから200人を超える取材陣が集まり、ウォン・ビンの人気を実感させた。

【フォト】ウォンビン「行って来ます!僕を忘れないで」 (1)

【フォト】ウォンビン「行って来ます!僕を忘れないで」 (2)

29日午後1時、江原(カンウォン)道・春川(チュンチョン)市の102補充隊に入所するウォンビンが車から降りている

イ・ビョンホンも出席~韓国「青竜映画賞」をShowTimeが無料ライブ中継

韓国のアカデミー賞ともいわれる「青竜映画賞」授賞式が、本日11月29日(火)に韓国の汝矣島(ヨイド)KBSホールで開催される。今年は、最優秀賞作品賞に「マラソン」「親切なクムジャさん」などの5作品、男優主演賞にはイ・ビョンホン(「甘い人生」)、女優主演賞にはソン・イェジン(「四月の雪」)、イ・ヨンエ(「親切なクムジャさん」)らがノミネートされており、日本でも人気の韓国スターの授賞式への出席が予定されている。

入隊直前のウォンビンが日本のファンに最後のあいさつ

韓流スター四天王の1人、ウォンビンが、11月29日の入隊を控えた、11日に緊急来日記者会見を開いた。今回の会見は、入隊すると2年間は俳優としての活動を停止しなくてはならないため、「いつも応援してくれている日本のファンに直接あいさつをしたい」という、ウォンビンたっての希望から実現した。入隊中もファンが寂しい思いをしないよう、ウォンビンからある企画が発表された。「ビナス プロジェクト」と名づけられたその企画の第一弾として・・・