2006年01月11日

イ・ヨンエ審査委員委嘱フライング発表の裏側

「これは国際的な恥曝しです。『親切なクムジャさん』を制作したモホフィルムも、配給会社のCJエンタテインメントも、映画振興委員会も、すべて分かっていたのは事実です。しかし、すべて口を閉ざしていたのです。公式発表ができるのはベルリン映画祭と私たちだけだからです」 女優イ・ヨンエの所属事務所ドアエンタテインメントのイ・ジュヨル代表は興奮気味にこう話した。9日午後から10日深夜にかけて起った騒動のためだ。「ベルリン映画祭イ・ヨンエ審査委員委嘱」の一報に最も喜ぶべき同代表が「国際的な恥」と不機嫌に語った理由はこうだ・・・

前のニュース チソン「パク・ソルミと別れた」との噂に仰天 ( パク・ソルミ )
次のニュース 『美しき野獣』クォン・サンウ、ユ・ジテが着用した衣装がオークションに! ( クォン・サンウ )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。