2005年12月16日

シン・スンフン、日本で『チェオクの剣』ブームに乗り人気上昇

歌手シン・スンフンとドラマ『チェオクの剣』(原題『茶母』)の人気が日本で共に上昇、話題になっている。 『チェオクの剣』は現在、NHK衛生放送BS1で視聴率1.3%~1.8%を維持しており、シン・スンフンの9th収録曲『哀心歌』が挿入歌として流れている。『哀心歌』は、『チェオクの剣』の美しい映像を編集したプロモーションビデオとしても制作され、現在、日本の音楽専門チャンネルでリアルタイムで放送されていることから、このドラマのファンを中心に人気が上昇曲線を描いている・・・

前のニュース イ・スンチョル、チェ・ジウ主演の合作ドラマで主題歌 ( チェ・ジウ )
次のニュース エリックの日本訪問目前・・・日メディア沸く ( shinwha・神話・シンファ )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。