2005年12月06日

『タイフーン』は韓国のプライドを守る映画

「タイフーンは“反米”ではなく、韓国のプライドを守る映画」5日午後2時、ソウル龍山(ヨンサン)CGVで開かれた映画『タイフーン』(制作:盡人事(チニンサ)フィルム)の試写後行われた記者歓談会で、メガホンをとったクァク・キョンテク監督は、劇中で政治的性向をほのめかす一部シーンについて自身の確固たる立場を明かした・・・

前のニュース 『タイフーン』試写会で誕生秘話公開 ( その他韓国映画 ), ( チャン・ドンゴン )
次のニュース イ・ビョンホン 「僕はサムライじゃない!」 ( イ・ビョンホン )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。