2005年12月05日

チャン・ドンゴン「脱北者の演技、容易ではなかった」

 トップスター張東健(チャン・ドンゴン)が映画『台風(タイフーン)』(監督:郭キョン沢、制作:盡人事フィルム)の中の自身と李政宰(イ・ジョンジェ)のキャラクターについて「水と火」にたとえて説明した。 チャン・ドンゴンは5日午後、ソウルCGV竜山(ヨンサン)で行われた『台風』の試写会に出席し「映画の中で私が演じた人物は、エネルギーを噴出しつづける炎のようなイメージ。イ・ジョンジェが演じた役はその炎を消す理性的かつ落ち着いたキャラクター」と話した。  続いて・・・

前のニュース ピ(RAIN)の涙の演技に『ロクデナシの恋』ファン熱狂 ( ピ・rain )
次のニュース ドラマ「春のワルツ」、韓流ブームのおかげでオーストリアでロケ ( その他韓国ドラマ )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。