2005年12月13日

カン・ドンウォン、今年の映画祭で4つの代理受賞

「今年は私の年みたいです」。俳優のカン・ドンウォンの受賞運(?)が炸裂した。今年、各種の映画賞で受賞した回数だけで何と5回。部門も人気スター賞にはじまり作品賞、監督賞、さらには照明賞までジャンルを超えている。映画『刑事Duelist』で男性主人公「悲しい目」を演じただけなのに、一体どうしたことなのか? 青龍映画賞の人気スター賞を除き、全て代理受賞した結果だ。映画『刑事Duelist』に対する思い入れとスタッフたちに対する義理から、カン・ドンウォンは全ての映画賞に顔を出して、汗の結実を有り難く受け取っている・・・

前のニュース チャン・ドンゴン、「アゴ整形疑惑」を否定 ( チャン・ドンゴン )
次のニュース パク・チャヌク監督“今年最も尊敬される人物” ( その他韓国映画 )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。