2005年11月09日

[Talk Star Focus]‘悲しい目’の刺客に帰って来たカン・ドンウォン

カン・ドンウォンが映画 ‘刑事:Duelist’で 1年ぶりにスクリーンで復帰した. 今度の映画で彼が演じる役は影を連想させる刺客 ‘悲しい目’だ. カン・ドンウォンと ‘悲しい目’, 映画を見ている間、 人物と名前の幻想的な相性に、この出会いを演出したイ・ミョンセ監督の先見の明にいま一度驚いてしまった.

前のニュース ダイエット禁止! キム・ソナ "サムスンよ, もう私を放して" ( 私の名前はキム・サムスン )
次のニュース ‘私の名前はキム・サムスン’ 以降 メロドラマの主人公になったチョン・リョウォン ( 私の名前はキム・サムスン )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。