2005年11月29日

ウォンビン入隊、家族との別れに涙

29日、江原(カンウォン)道・春川(チュンチョン)102補充隊から入所したウォンビンが家族を抱き涙を流した。 この日午後12時40分頃、部隊前に到着、取材攻勢を受けたウォンビンは、親友のカン・トンウォン、チョン・ジュン、キム・ヒョンジョンに見送られ、最後の時を過ごした。この日、ウォンビンの入所にはウォンビンの姉らも同行、共に名残を惜しんでいたが、部隊の前まで見送りに着ていた父は最後まで息子と対面することができなかった。 入所に同行した関係者は「いつものように毅然として姿で入所した」とウォンビンの入隊前の最後の様子を伝えた。しかし平然としていたウォンビンが、最後に姉と抱き合うとついに涙を流したともう1人の関係者は伝えた・・・

前のニュース カン・ドンウォン、ウォンビンの入隊見送る ( ウォンビン ), ( カン・ドンウォン )
次のニュース チェ・ジウ、日本で「涙の女王」の本領発揮 ( チェ・ジウ )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。