2005年11月16日

ソン・ イェジン びしょぬれの事情

“ロマンスクィーン”ソン・イェジンが、目元の涙を拭い、生まれて初めてワイヤーで湖の上を駆け回り、 果てはビショビショに濡れてしまった。“清純女優”の代名詞らしく、はにかんで涙をこぼしたり、声を上げて嗚咽するのが“アクティブ演技” の全てだったソン・イェジンが、次期作『作業の定石』(制作:チョンオラム)では、これまでの優雅さを大胆に捨て、徹底的に“崩した” 演技を見せた。

前のニュース 写真で見る東方神起インタビュー現場 ( 東方神起 )
次のニュース 神話(SHINHWA)アンディ、チョン・ドヨンの弟役を断っていた  ( shinwha・神話・シンファ )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。