2005年11月08日

日本で放映される ‘茶母(チュオクの剣)’ 翻訳に難あり

‘痛いか, 私も痛い’を日本語にすれば ‘壊れる’? ‘茶母(チュオクの剣)’の翻訳に韓流ファンが不満を抱いている. ‘茶母 (チュオクの剣)’は 3日からNHK BS2で ‘チュオクの剣’という題目で放送を始めたが, 翻訳過程で一部のセリフがおかしくなっているというのだ. 例えば ‘茶母’の名セリフである “痛いか? 私も痛い”と言うセリフだが、 これは‘心が痺れて痛い’と言う原作のニュアンスを伝えられていないという評価だ. 日本のファンたちは “チュオク(ハ・ ジウォン)がファン・ボユン(イ・ソジン)を呼ぶ言葉である ‘従事官様’も・・・

前のニュース 『冬のソナタ』出演陣、日ミュージカル公演控え舞台集結へ ( その他韓国ドラマ )
次のニュース エリックの恋人パク・シヨン新ドラマ『マイ・ガール』への想い ( shinwha・神話・シンファ )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。