2005年11月21日

エリック、新作『6月の日記』と役者としての決意(1)

エリック、新作『6月の日記』と役者としての決意(2)

数ヶ月前はずうずうしいプータローだった。古びた赤のトレーニングウェアーに手入れをしていないボサボサ頭がよく似合う男だった。そんな彼が完全に違う姿で現れた。生意気だが天賦の感覚を持った、そして着こなしに関しては誰にも負けない新世代の刑事ドンウだ。 すでに書かれた日記が予告する知能型殺人事件を描いた『6月の日記』(原題、監督:イム・ギョンス、製作:セブンオンピクチャーズ/フィルムアンドピクチャーズ)で第10回釜山国際映画祭に今年初めて公式招待されたムン・ジョンヒョク。釜山(プサン)・海雲台(ヘウンデ)のパラダイスホテルで会った彼からは役者のにおいがはっきりと漂っていた・・・

前のニュース 【写真】 人気歌手が入隊した日 ( その他k-pop )
次のニュース チャン・ドンゴン, "入隊控えたウォン・ビンに電話します" ( チャン・ドンゴン )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。