2005年10月25日

【一問一答】純愛映画『連理枝』で共演したチェ・ジウ&チョ・ハンソン

「連理枝」とは一本の木の枝が他の木につき、一つの木のように同じ木目が生じる現象。映画『連理枝』では崔志宇(チェ・ ジウ)が死を控えた女性のヘウォンを、チョ・ ハンソンがそんなヘウォンに生まれて初めて愛を感じた男ミンスを演じてそのタイトルのように運命的で美しい愛を描く。 以下は撮影現場でのチェ・ジウ、チョ・ハンソンへの一問一答。

前のニュース 【妻夫木聡&イ・ビョンホン対談】 ( イ・ビョンホン )
次のニュース 新浪網が韓流ドラマ実態調査、『冬ソナ』好きは24% ( その他韓国ドラマ )

[日刊]韓流ニュースステーション人気blogランキングに参加しています。

ブログに情報・ブログ検索

◆ 韓国語の記事は一部しか翻訳していませんが、記事全文を翻訳して読みたい方は、以下のサービスを利用されることをお勧めします。
GO KOREA http://www.gokorea.jp/
enjoy korea http://www.enjoykorea.jp/

◆ このblogは、リンクフリーです。コメント・トラックバックも大歓迎です。